貧血 症状 微熱

微熱などの貧血症状に悩まされないように対策をしましょう

スポンサーリンク

貧血は赤血球の成分であるヘモグロビンが少ない状態のことをいいます。
血液にはヘモグロビンが含まれていて、酸素を体内に運ぶ役割を持っています。
このヘモグロビンが作られるためには鉄分が欠かせません。
鉄分不足になるとヘモグロビンの生成量が減り、体中に酸素がうまく行き渡らなくなるために体調不良を起こします。
症状は倦怠感や疲労感、体のだるさ、めまい、頭痛、微熱、肩こり、耳鳴り、動悸、息切れなどです。
微熱と立ちくらみの症状が続く場合は鉄欠乏性貧血の可能性が高く全体の70%がこの鉄欠乏性貧血で、食生活で鉄分が不足していたり、慢性的な出血が大きな原因です。
不規則な生活を送っている人ほど、食事から摂取できる鉄分の量が不足し体がすぐに疲れて立ちくらみを起こしたり、微熱が出るなど体の不調に悩まされます。
ひどい場合は食欲がなくなり吐き気がすることもあり、毎日の食事もきちんととれなくなることで、鉄分もとれなくなり症状が進行してしまいます。

スポンサーリンク

栄養バランスが偏り、鉄分を含むミネラルの摂取量が不足していると貧血になりやすいです。
また女性は生理による出血や妊娠によって体内で消費される鉄分が多くなるので男性に比べるとリスクが高くなります。
予防するためには鉄分が不足しないように日ごろから鉄分摂取を意識した食生活をすることが大切です。
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄は体内への吸収がとてもよくマグロやカツオ、レバーなどに多く含まれています。
非ヘム鉄は体内への吸収が悪くほうれん草などの野菜にある鉄分です。
しかし非ヘム鉄もビタミンCやたんぱく質を多く含む食品と一緒に摂取するとヘム鉄に変化するので、これらを取り入れてバランスのいい食事をすることが大切です。
ビタミンCやたんぱく質は鉄の吸収をアップさせる栄養素なのでおすすめです。
また鉄製の調理器具で料理すると鉄分がしみ出て料理に混ざり、自然と鉄分を摂取できます。
鉄のフライパンや急須を使うこともおすすめです。
貧血はとても身近な病気で、健康な人にも発症する可能性があるので、原因や対策方法を知っておくことが大切です。

スポンサーリンク