目眩と吐き気 原因 貧血 対処法

貧血による目眩と吐き気の原因や対処法

スポンサーリンク

貧血は、ヘモグロビンという血中の赤血球に含まれる血色素が減ることで起こる疾患です。
健康診断や人間ドックなどでヘモグロビンの数値が低いと診断されたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
そんな人は貧血予備軍ですので注意が必要になります。
貧血による目眩と吐き気の原因は、ヘモグロビンが減って体が酸欠状態に陥ることにあります。
ヘモグロビンには酸素を体に循環させる働きがあります。
ですので、ヘモグロビンが減ることでその働きが弱まり酸欠が起こるというメカニズムです。
目眩と吐き気だけではなく、不整脈、息切れ、動悸、倦怠感、頭痛、眠気、寒気、食欲不振などの症状を伴うこともあります。
貧血が起こる原因は、怪我や病気による出血や生理や食生活の乱れによる鉄分不足などがあります。
怪我や病気などで大量に出血をしてしまった場合は突然意識を失って倒れてしまうこともあります。
貧血を改善させるための対処法としては、病院で治療を受けるということが大切です。

スポンサーリンク

病院での治療は、注射や点滴で集中的に鉄剤を投与して造血につなげるという方法が主に用いられます。
ヘモグロビンの数値が著しく低下している場合は輸血を用いることもあります。
軽度の場合は内服薬で対処します。
鉄剤の投与や輸血をするとヘモグロビンが増加し、症状が改善されて元気な体を取り戻すことができます。
そして、再発を防ぐためには日頃の食生活を見直すということも大切です。
具体的な対処法としては、いろいろな食材を食事に取り入れて栄養バランスの偏りをなくすということです。
野菜、果物、肉、魚、豆類、海藻類、乳製品などを満遍なく食べてビタミンやミネラルやタンパク質をしっかりと摂取しましょう。
そして、鉄分や葉酸やビタミンCやビタミンB12を積極的に摂取してヘモグロビンを増やすということも意識しましょう。
これらの栄養素はレバーやカツオやイワシやマグロなどに多く含まれています。
食事での摂取が難しい場合はサプリメントで摂取するという方法もありますので、積極的に取り入れて貧血の予防に努めましょう。

スポンサーリンク