横になると めまいがする 貧血 対処法

横になるとめまいがする貧血の対処法

スポンサーリンク

横になるとめまいがすることがありますが、多くの人は貧血であると考えます。
ですが貧血の場合は横になると症状が少し改善されたり落ち着く場合が多いです。
立っている時の方が平気で、横になるとめまいがするのは、良性発作性頭位めまい症という頭痛によるものが考えられます。
ベッドに寝たり起きたりすると、自分の周りが回転するようなめまいに襲われます。
対処法としては、薬による治療がありますがあまり頭を下げない動きをすることや急に寝たり起きたりの動作を繰り返さないことです。
症状が軽い場合は自然治癒を待つ方法もあります。
行動認知療法なども対処法の一つです。
骨粗しょう症や高脂血症などの病気がある人の場合は、一度治ったとしても再発しやすいと言われています。
めまいが酷い時は薬で対処しますが、出来るだけ体に負担をかけないように自分の行動を制限することで悪化を防ぐことが出来ます。
内耳の耳石が剥がれることで起きるので、その部位の耳は下にして寝ないようにすることも大切です。

スポンサーリンク

また、横になるとめまいがする他の原因としてはストレスや寝不足などで自律神経が乱れていることが考えられます。
自律神経が乱れていると、ふわふわとするようなめまいが感じられることが多いです。
緊張によって、肩から首にかけての筋肉が硬直してしまい血行不良になることでめまいが起きることもあります。
緊張性頭痛のように、ストレスが多い人によく起きます。
肩から首のストレッチをしたり、肩を軽く回すだけでも血行が促進されて筋肉の緊張がほぐれるとめまいも治まることがあります。
冬場は特に筋肉の硬直が起きやすいので、出来るだけ温かいお風呂にゆっくりと浸かるようにします。
入浴後の血行が促進された状態で、少し肩や首のストレッチをしてから寝るとより改善されることがあります。
女性であれば生理中は血が足りなくなるので、貧血気味になることがあります。
貧血によって脳が酸欠状態になると横になった時にめまいがすることもあるので、生理中は運動など出血がひどくなるような動作は避けて安静にします。
対処法として、日常的にあまりストレスを溜めないように心がけたり、ストレスが溜まった時は発散できるように意識して生活するだけでも症状は改善されます。
あまりにもめまいが続く時は脳神経外科を受診するべきです。

スポンサーリンク