めまい 気持ち悪い 原因 貧血

めまいや気持ち悪いなどの症状の原因は貧血

スポンサーリンク

めまいや気持ち悪いなどの症状を感じたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
その原因は貧血かもしれません。
貧血は、ヘモグロビンという血液の中の赤血球の血色素が減ることで起こる疾患です。
ヘモグロビンには酸素を体に循環させる機能があるので、減ることでその機能も低下して体が酸欠になってしまい、めまいや気持ち悪いなどの症状を引き起こすというメカニズムです。
めまいや気持ち悪いなどの症状だけではなく、動悸や息切れや倦怠感や頻脈や頭痛などの症状を伴うこともあり、重度の場合は意識を失って急に倒れてしまうこともあります。
ですので、自覚症状があらわれたら倒れてしまう前に早めの治療を行うということが重要になります。
そして、ヘモグロビンの数値は血液検査で簡単に調べることができますので、定期的に検査をして数値を把握しておくということも心がけましょう。
早期に発見して早期に治療をすることで重症化を防ぐことができます。

スポンサーリンク

つらい貧血の症状があらわれた場合の応急処置としては、体を休めることが大切です。
横になることができる環境である場合は横になって安静にし、体を温めて血流を促進させましょう。
病院での治療は、造血剤の投与が行われます。
点滴や注射で直接血管に働きかけるので即効性があります。
あっという間に症状が解消されて元気な体に戻ることができます。
しかし、元気になったからといって油断せずにその後は再発の予防に努める必要があります。
貧血は食生活が乱れて栄養が偏ることも原因となりますので、栄養不足を防ぐために様々な食材を満遍なく食事に取り入れてビタミンやミネラルやタンパク質をしっかりと摂取することが大切です。
貧血予防に効果がある栄養素は鉄分や葉酸やビタミンCやビタミンB12ですので、それらが豊富に含まれているレバーやカツオやマグロやイワシなどを積極的に食べましょう。
サプリメントや健康食品などで補うのもおすすめです。
食生活に気をつけて貧血に負けない健康で強い体をつくっていきましょう。

スポンサーリンク