動悸 息切れ 何科 貧血

動悸や息切れを伴う貧血は何科を受診?

スポンサーリンク

貧血は、血液中の赤血球のヘモグロビンという血色素が減少することで起こる疾患です。
ヘモグロビンには体に酸素を循環させる機能があります。
ヘモグロビンが減少することでその機能も弱まり酸素が体内にうまく循環されなくなり酸欠になってしまいます。
それが原因で体に様々な不調が起こります。
動悸や息切れや息苦しいなどの症状です。
そのほかにも、立ちくらみ、めまい、頭痛、吐き気、眠気、倦怠感、食欲不振、体の冷えなどの症状があらわれます。
これらの症状があらわれたらすぐに病院を受診して検査と治療を行う必要があります。
しかし、何科を受診すればよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。
貧血の検査や治療は基本的には何科を受診しても大丈夫ですが、内科を受診するのが一般的です。
貧血は、内臓疾患や痔や怪我などによる出血が原因となることもありますので、その場合はそれぞれの疾患の治療の一環として貧血の検査や治療を行うということになります。

スポンサーリンク

貧血の検査は採血で行います。
治療は注射や点滴や内服薬で鉄剤を投与するという方法が主に用いられます。
鉄剤を投薬してもうまく造血につながらないケースもあり、その場合は輸血を行います。
重度の場合は入院が必要になりますが、ほとんどの場合は外来で対処をします。
とくに注射や点滴による鉄剤の投与は効き目が早いのであっという間に貧血が改善されます。
それと同時に動悸や息切れや息苦しいなどのつらい症状も嘘のようになくなり元気を取り戻すことができます。
その後は、再発の予防に努める必要があります。
そのためには、食生活の質をアップさせるということがカギとなります。
タンパク質やミネラルやビタミンをバランスよく摂取するということを心がけて、様々な食材を種類豊富に食事に取り入れて栄養の偏りをなくすということを心がけましょう。
ヘモグロビンを増やすためには鉄分やビタミンB群やビタミンCの摂取が効果的ですので意識的に食事に取り入れましょう。

スポンサーリンク