悪性貧血 ガストリン 高値 病気

悪性貧血はガストリンが高値になる病気です

スポンサーリンク

ガストリンは、胃酸の分泌が低下した際に高値を示す成分です。
こういったガストリンの高値は、胃の病気で多く見られます。
高齢者に特に多い委縮性胃炎や胃潰瘍、胃がんなどは、このようなケースで疑われる病気です。
ガストリンは、胃酸の分泌をコントロールする役目を持っています。
ですので、ガストリンが高値の場合は、少なからず胃酸のバランスが崩れているのが一般的です。
また、特殊な腫瘍が出来ることでも、この物質は増加します。
胃の機能に問題がある悪性貧血の場合にも、こういったガストリンが高値を示すケースは多く見られます。
悪性貧血は胃が委縮し正常に働かなくなることで、特定のビタミンの吸収がしにくくなるのが常です。
適切な治療を行えば、悪性貧血は比較的スムーズに改善が出来ます。
この病気は胃がんのリスクを高めてしまうことから、早めに治療を開始するのがポイントです。
胃を切除した後にも、このような悪性貧血が起こることがあります。
ビタミン剤の服用が、一般的な悪性貧血の治療法です。

スポンサーリンク

悪性貧血は、他の貧血の場合に比べて神経の症状が出やすくなります。
舌が炎症を起こすのもこのタイプの貧血の特徴で、症状からある程度診断を付けることが可能です。
治療法に関してはこのタイプの貧血はかなりシンプルであり、アプローチ法も明確となります。
胃に病気がある場合には、ビタミン剤の服用と合わせて胃の治療も同時に行われるのが常です。
時に、ガストリンが異常に高値を示したのをきっかけに、胃の病気が発見されることもあります。
血液検査の数値を正常に近付けるためには、ビタミンと合わせて葉酸を摂取することが大切です。
葉酸は、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑の野菜に多く含まれています。
卵や大豆製品も、葉酸を摂取するには適した食材です。
処方薬の服用と合わせてこのような食品を意識してとるようにすれば、短期間で症状が落ち着くことが多いと考えられます。
体のだるさや息切れなどが見られたら、念のため貧血の検査を受けるのが賢明です。

スポンサーリンク