動悸 抑え方 貧血 原因

動悸等の貧血の症状が出る原因と抑え方

スポンサーリンク

つらい貧血の症状に悩まされたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
貧血は、病気やケガで出血が止まらなくなったり食生活の乱れによる栄養の偏りなどが原因で起こる疾患です。
女性の場合は毎月の生理が原因になることも多く、そのたびにつらい思いをしているという人もたくさんいます。
貧血が起こると動悸や息切れなどの症状が出るのはヘモグロビンの数値の低下により体が酸欠になることが原因です。
ヘモグロビンは血中の赤血球の血色素であり酸素を運ぶ機能があるため、数値が低下するとその機能も弱まってしまい酸欠状態に陥るというメカニズムです。
体が酸欠になると動悸や息切れなどの症状のほかにも、体がだるい、食欲がなくなる、脈が速くなる、疲れやすくなる、頭痛や吐き気がするなどの症状も伴います。
突然めまいや立ちくらみがしてふらついて倒れてしまうこともあります。
つらい症状が出ている際の抑え方としては、とにかく安静にするということが大切です。
体を楽な状態にして温めて血行を促進させることで症状が楽になります。

スポンサーリンク

しかし、この症状の抑え方はあくまでも応急処置であるため、根本的な解決には至っていません。
症状が一時的に回復したからといって貧血が改善したわけではありませんので、病院できちんと検査をしてそれなりの治療を受けることが重要です。
貧血の検査は採血で行い、治療は鉄剤の投与を用います。
点滴や注射で鉄剤を血管にダイレクトに作用させることができるので内服薬に比べて効き目が早く、あっという間に症状が解消されて元気を取り戻すという人もたくさんいます。
ですので、自覚症状を感じたら放置せずに早めの治療を心がけましょう。
そして、貧血は食生活の乱れも大きな原因となりますので、栄養バランスのとれた食事をとるということも心がけなければなりません。
ヘモグロビンの数値をアップさせる効果がある栄養素は、ビタミンCやビタミンB12や葉酸や鉄分です。
レバーやマグロやイワシやカツオなどに多く含まれていますので意識的に食事に取り入れましょう。
サプリメントなどで補うのも効果的です。

スポンサーリンク