動悸 薬 市販 貧血

動悸等の貧血の症状は市販薬で改善できる?

スポンサーリンク

貧血は、ヘモグロビンという血液の中の赤血球の血色素の数値が低下することで起こる疾患です。
血液検査などでヘモグロビンの数値が低いと診断されたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
そんな人は自覚症状がなくても貧血予備軍となりますので注意が必要です。
そのまま放置しておけばどんどん悪化してしまい、様々な症状が体にあらわれてしまいます。
貧血が起こるとヘモグロビンの数値の低下により体が酸欠状態になります。
ヘモグロビンには酸素を循環させる働きがあるからです。
そのため、動悸や息切れや頻脈などの症状があらわれます。
動悸や息切れや頻脈などのほかに、倦怠感や眠気や頭痛や吐き気や食欲不振などの症状を伴うこともあります。
ひどい場合は突然倒れてしまうこともあります。
ですので症状が重くなる前に、自覚症状を感じたら早めに病院を受診して治療をしてもらうということが大切です。
そして、ヘモグロビンの数値を把握するために定期的な検査も心がけましょう。

スポンサーリンク

ヘモグロビンの数値は血液検査で手軽に調べることができます。
血液検査は健康診断や人間ドックなどにも組み込まれているメニューなので、年に1度は検査を受けるということを習慣づけることが大切です。
病院での貧血の治療は、注射や点滴や内服薬での投薬になります。
薬は鉄剤を用いて造血につなげます。
軽度の貧血の場合は病院での治療のほかに、市販薬やサプリメントなどを摂取して鉄分を補うという方法もあります。
貧血の予防や改善に役立つ市販薬やサプリメントは薬局やドラッグストアなどで手軽に入手することができますので積極的に取り入れてみましょう。
そして、食生活の改善も重要です。
ヘモグロビンを増やすことができる鉄分やビタミンを豊富に含む食べ物を意識的に食事に取り入れて質の良い食生活を心がけるということが大切です。
マグロやカツオやイワシやほうれん草やブロッコリーやレバーや牡蠣などがおすすめです。
食事でとった栄養を効率的に体に吸収させるためには良質な睡眠も必要ですので心がけましょう。

スポンサーリンク