動悸 血の気が引く 貧血 対処法

動悸や血の気が引く貧血の症状の対処法

スポンサーリンク

貧血になると、動悸、息切れ、血の気が引くなどの症状があらわれます。
これは、貧血により体が酸欠状態に陥っていることが原因です。
酸素を運ぶ働きがあるヘモグロビンという血中の赤血球の血色素が減ることで酸欠が起こります。
動悸、息切れ、血の気が引くなどの症状のほかにも様々な不調が体にあらわれます。
脈が早くなる、寒気がする、眠くなる、食欲がなくなる、疲れやすくなる、頭が痛い、吐き気がするなどです。
急に立ちくらみやめまいを起こして倒れてしまうこともあります。
このようなつらい症状があらわれた際の対処法としては、体を楽な状態にして安静にすることが大切です。
体を温めて血流を促すということも心がけましょう。
しばらくすると症状が和らぎ一時的に回復しますが、貧血が治ったわけではありませんのできちんと病院を受診して検査と治療を受ける必要があります。
検査方法は採血を用います。
採血によりヘモグロビンの数値が低下していると診断されればそのまま治療に移ります。

スポンサーリンク

病院での対処法としては、点滴や注射で増血剤を集中投与するという治療が主に用いられます。
症状が重い場合は入院となることもありますし、増血剤がヘモグロビンの増加につながらない場合は輸血を行うこともあります。
症状が軽い場合は外来で内服薬の処方のみで対処することもあります。
増血剤を投与することでヘモグロビンが増え、貧血の症状は解消されます。
あっという間に元気になるという人もたくさんいるので、自覚症状を感じたらなるべく早めに病院を受診するということを心がけましょう。
そして、再発を予防するためには食生活を改善させるということが重要になります。
ヘモグロビンは、鉄分や葉酸やビタミンB12やビタミンCを積極的に摂取することで増えます。
おすすめの食べ物としては、レバー、牡蠣、マグロ、カツオ、いわし、ブロッコリー、小松菜、さつまいも、大豆製品、卵、ひじきなどです。
積極的に食事に取り入れましょう。
食事に取り入れるのが難しいという場合はサプリメントなどで補うのもよいでしょう。
食生活を見直して貧血になりにくい体づくりをしていきましょう。

スポンサーリンク