立ちくらみ 意識が飛ぶ 原因 対処

立ちくらみで意識が飛ぶ原因と対処法

スポンサーリンク

ずっと座っていたり、低い所から急に高いところへ移動するとめまいがしたり頭がくらくらするのは、貧血による立ちくらみで意識が飛ぶのが原因です。
これは女性に多く、貧血を簡単に説明をすると体の中の血液が足りない状態にあるのです。
女性は生理がありますので、どうしても男性より血液が少ない傾向にあります。
そこで座っている低い姿勢から急に立ってしまうと頭に血が登らなくて、貧血による立ちくらみが原因で意識が飛ぶ事が多々あります。
これは予測がつかない事なので非常にビックリされる方が多いです。
また急に立つと目の前が真っ黒になり何も見えないというような感覚にもなるのです。
大変危ない症状なので、心当たりがある方は、ゆっくり立つ、深呼吸をしてから立つなど気を配る事が必要です。
立ちくらみを防ぐ方法は沢山ありますので、しっかりと対処をしていってもらいたいです。
意識が飛ぶとそれがトラウマとなる方も多いので、次に食生活で対処する方法を教えます。

スポンサーリンク

貧血による立ちくらみが原因で意識が飛ぶ症状に対処する為には、食生活によって血液を増やす必要があります。
血液を豊かに増やす食事としては鉄分が多く含まれているもの、またはレバ刺しなどを摂取するといいです。
鉄分が多く含まれている食事をとれば、摂取した鉄分は身体の中で血液に生まれ変わりますので、貧血を防ぐ対処が出来ます。
また睡眠不足であったりオーバワークが続くと身体の中の血液にダメージを与えてしまいますので、注意して欲しいところです。
また周りの温度によって身体に影響を与えてしまいます。
寒い所にいれば、血流が悪くなり、急に立つと身体の血の循環が悪いので、意識が飛ぶ原因となります。
逆に身体を暖めてあげると血液の循環は良くなり、立ちくらみによって意識が飛ぶ症状を抑える事になります。
このように原因は沢山あり、色々な条件が重なり合って、貧血による立ちくらみが原因で意識が飛ぶ事に繋がってしまいます。
対処法は沢山あるので、今回ご紹介した内容を参考にし、症状を改善させていきましょう。

スポンサーリンク