立ちくらみ 手のしびれ 貧血 対処法

立ちくらみや手のしびれが生じる貧血の対処法

スポンサーリンク

人間の体は、細胞が集まることでできています。
そしてその細胞のひとつひとつにミトコンドリアがあるのですが、ミトコンドリアは酸素をエネルギーとして活動しています。
人間は酸素を呼吸によって体内に入れますが、その酸素は血液中の赤血球によって全身に運ばれます。
そのため赤血球が不足すると、ミトコンドリアがエネルギーの供給を受けることができなくなり、働きが悪くなります。
ミトコンドリアは全身にあるので、働きが悪くなると全身の調子が悪くなっていきます。
特に多く起こる症状は、立ちくらみや手のしびれです。
これがいわゆる貧血なのですが、赤血球不足が原因ですから、貧血の対処法としては、赤血球を増やすことが有効とされています。
そしてそのために医療機関でおこなわれているのが、鉄分の注射や鉄剤の処方です。
赤血球は鉄分を材料として作られるので、注射や錠剤により体内の鉄分を増やせば、赤血球が多く作られることで、貧血の状態は改善されていくのです。

スポンサーリンク

また、昨今ではサプリメントで鉄分を摂取する人も増えてきています。
鉄分は、ほうれん草やパセリなどに多く含まれているので、これらを食べることでも摂取できます。
しかしこれらの風味が苦手だったり、調理することが困難だったりする人もいます。
そのような人にとって、飲むだけで鉄分を摂取できるサプリメントは、非常に便利なのです。
さらに、より体内に吸収されやすいヘム鉄で作られたサプリメントも多く販売されるようになっています。
食事よりも効率良く鉄分を吸収できるため、人気が高まっています。
鉄分注射や鉄剤やサプリメントを利用することで、体内の赤血球が増えていけば、立ちくらみや手のしびれといった症状は出てこなくなります。
加えて、全身のミトコンドリアの働きが良くなることで、肌の色つやが良くなったり、抜け毛が生じにくくなったりといった、美容効果も出てくるようになります。
そのため多くの人が、上記の対処法で貧血の解消に努めています。

スポンサーリンク